審査通過できる金融会社とは

消費者金融機関でしたら、収入のない主婦は総量規制という貸金業法の法律によってお金を借りる事が出来ません。
収入のない専業主婦がお金を借りれるとしたら、銀行カードローンしかないのです。
銀行カードローンは、貸金業法の下に運営されているのではなく、銀行法という独自の法律によって運営されています。
したがって、総量規制の対象外の金融機関となり収入のない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、お金を借りることが出来るのです。
だからといって、どこでも好きな銀行から借りられるわけではありません。
銀行によっては、収入のない専業主婦には貸さないとするところもあります。
無職の専業主婦が銀行カードローンで借入をするには、特に難しい条件はありませんので安心してください。
第一に配偶者に安定した収入さえあれば、あとは本人確認の書類があれば大丈夫です。
そして、申込みの時に嘘の申告をしない事が重要です。
嘘、偽りなく申込みの時に申告し、借入融資額が相当であれば借入する事は可能です。
他でも記したとおり、銀行カードローンなら専業主婦でも借りれるといってもどこの銀行でも借りられるわけではありません。
そこをきちんと把握しておかなければ、申込みした時点で、配偶者に在籍確認や収入証明書の提出を求められバレてしまう事もあります。
出来るだけ内緒で生活費の足しになる程度の金額を借りて、家計で返済もやり繰りしたいと思っている主婦にとって、家族や旦那にバレて
しまうのは避けたいところです。
よく、CМなどでもやっていると思いますが、主婦歓迎。など記載がある銀行でしたら融資をしてくれる可能性は十分にあります。
銀行によって借入限度額や借入の基準など様々に決まっていますので、気になる銀行があったらまず確認してみましょう。
相手は銀行ですので、その銀行の口座を持っていないといけない場合もあります。
そういう場合は先に口座開設をしなければなりません。
口座開設からお金を借りたいと思った時にやると通常の申込みよりも多くの時間が必要になってしまいますので注意してください。
ネット銀行でしたら、口座の開設もカードローンの申込み手続き完了まで、すべてネットで完結する事が出来ますし、通帳がないので
履歴が残りにくいという利点もあります。
申込み可能な金融機関はインターネットを利用できる環境があれば、調べる事が出来ますのでインターネットで検索してみるといいでしょう。
詳細はこちら(⇒専業主婦がお金を借りる時の注意点)のサイトで知ることができます。