カードローンで効率よく返済するコツとは

カードローンは、銀行や消費者金融などの金融機関で借り入れの契約をして、一般的には専用のカードを使ってATMから借り入れと返済を行ったり、専用の利用者向けのサイトを設けている場合には、そちらからも手続きをすることが可能になっていることが多いです。借入限度額が決められていて、その範囲内なら何度でも借り入れができます。
クレジットカードのキャッシングの場合には、締め日の翌月にまとめて一括払いをするのが基本です。カードローンの場合は、収入や申込者の信用度から審査で借入限度額が設定されますが、締め日の翌月以降から、支払いやすい金額で分割払いで返済するのが基本となりますので、比較的キャッシングよりも多くの金額を借り入れすることが可能となります。
ただし、返しやすい金額で生活を苦しくさせない、利用計画を立てやすいというメリットの反面、借入期間日数が長くかかるため、利息が多くかかることもありますし、リボ払いで返済額を一定にしていることから、元金がなかなか減らないこともあります。特に複数回借り入れをすると、どの借金に対しての残高がどのくらいあるのかがわかりにくくなることもあります。そのようなデメリットを避けるために、提携のATMから直接手続きをしたり、利用者向けのメニューから振込手続きを行ったりして、約定日以外の随時返済を積極的に行うといいでしょう。残高に対して、元金部分の支払いが進められるため、借入日数の短縮や利息の減額が見込まれ、総支払額が少なくなります。ボーナス時や臨時収入のあった時に、早めの返済を心がけるようにしましょう。